HOME>オススメ情報>ウコンには副作用を引き起こす可能性アリ!

ウコンには副作用を引き起こす可能性アリ!

漢方薬

副作用を引き起こす原因

宴会などお酒を飲む前に、二日酔いや悪酔いの防止のためにウコンを服用する人が増えています。ウコンも摂取のしかた等により、副作用を引き起こす可能性が有ります。ウコンには、多くの鉄等のミネラルが含まれています。ミネラルを大量に摂取すると、鉄分が肝臓に溜まってしまい、やがて鉄分は酸化します。酸化した鉄は、肝炎などを悪化させる可能性が有ります。適量を守って、大量に摂取をしなければ問題は有りません。また、ウコンに含まれているクルクミンは、血液中の中にある血小板の凝固を抑える効果が有ります。血栓を予防し血液をさらさらにする薬と併用すると、効果が強くなりすぎて、怪我などで出血したときに出血が止まりにくくなります。

生薬

こんな方は服用するのを控えるべし

ウコンには、多くの鉄分が含まれているため、肝臓に障害の有る人は、肝臓に鉄分が溜まり易くなりますので服用を控えた方がよいです。肝臓に鉄分が溜まると、やがて酸化し肝臓の障害を悪化させる可能性が有ります。妊娠中の女性も服用を控えた方がよいです。ウコンには、内蔵の働きを良くして老廃物の排出を促す効果が有ります。この効果が、妊娠中の胎児を老廃物と誤認識して排出をしようとして、流産をする可能性が有ります。ウコンに含まれているクルクミンは、胆汁の分泌量を増加させる効果が有ります。胆汁管障害や胆石が有る場合、胆汁の量が増えすぎて胆汁管障害を悪化させるおそれが有ります。また、血圧を下げる効果も有るため、糖尿病の治療で血圧降下剤を使用している場合、血圧が下がりすぎてしまう可能性が有ります。

カテゴリ一覧